インタビュー/料理人伊藤翼

tsubasa

 

 

料理人 伊藤翼

”Chez Les Anges”厨房責任者

滞在許可証の種類 :就労ビザ

契約形態:CDI

 

 

 

03b 料理人になろうと思ったきっかけは何ですか。なぜフランスを選ばれたのですか?

料理に興味を持つようになったのは、母の影響が強いと思います。母が料理教室の講師をしていたこともあり、料理をすることが身近にあったからです。高校2年生の時、大学生になって何を勉強するんだろうと疑問に思ってしまい、やりたいことをやろうときめたのがきっかけです。

イタリアで料理をしていた頃、パリに旅行に来た際、イタリア料理と違うフランス料理に興味をもちました。隣り合う国なのにどうして色々な料理の違いが出るのだろうと思い、歴史的背景や文化の違いを見てみたいと感じました。それとレベルの高い料理を求めていたのもあります。

 

03b 料理人になるためにどのような勉強をされましたか(学校や研修等)?

夜間の調理師専門学校を卒業しました。

 

03b 伊藤さんはイタリア、フランスで修行を積まれたそうですが、現在に辿り着くまでの経緯を聞かせて下さい。

高校三年生の時に夜間の調理師専門学校に通いました。その時にはなるべく早い段階で海外に行くことも考えていたので、ホテルに就職しましたが、お金が貯まったらすぐにやめてイタリアに渡りました。イタリアにいた3年半は一つの地方におり2つのレストランで修行しました。その後渡仏しようとしましたが、ワーキングホリデーと学生ビザの取得に失敗し3度目の正直で学生ビザを獲得しました。学生の間就労ビザの切り替えを試みましたがなかなかうまくいかず三年ほどたちました。そして現在の店に渡りビザを獲得することができました。

 

03b どのように現在の仕事を見つけましたか?

当時二つ星のレストランで働いていて、そこでビザを出してもらえるという話がありビザの身分変更をおこなったのですが、失敗してしまい途方に暮れていました。その時に同時に和食レストランでも働いていたのですが、そのレストランでお世話になっている就労ビザのコンサルタントをやっている方を紹介していただき、その方の紹介でいまのお店で働かさせていただいてます。

 

03b 就労ビザの手続きはどのように行いましたか。

フランスで営業許可がでたあと日本の大使館でビザを受け取りました。

用意したものは :

・自分が働いていた店の在職証明書

・調理師免許やその他料理に関する資格

・高校、専門学校の卒業証明書

でした。

 

03b 料理人の仕事を見つけるために便利なサイトや、情報誌はありますか。また、どのように仕事を探すのが良いかアドバイスはありますか。

僕がインターネットで仕事を探す際見るのはMixb やJimomoというサイトです。住宅情報や帰国売り情報もあるので便利です。でも僕は働きたいお店があれば履歴書を持って歩いていました。星付きのお店にもそれで入ることができました。

 

03b Chez Les Angesでのお仕事について聞かせて下さい。

僕たちのレストランはランジスから直接食材を入れているので、様々な新鮮な食材をつかって季節感のある料理を提供しています。低価格で高品質のものを作れるよう日々努力しています。

 

03b 普段の一日の流れを聞かせて下さい。

朝8時半に出勤し朝来た食材の品質管理などを行い仕込みを始めます。11時半頃にスタッフ全員でお昼を食べ12時からお昼営業が始まります。営業の片付けが15時に終わりそこから仕込みを一時間ほどして休憩に入ります。夜営業に入る前に営業準備をして夕ご飯を食べます。夜営業が終わり、食材管理をして発注をかけて1日が終わります。

 

03b Chez Les Angesの魅力はどのようなところにありますか。

その日に入った食材によって毎日変わるメニュー。毎日自分の想像力をかきたてて新しい自分のお皿を生み出していくのはおもしろいです。試行錯誤をして作った料理がお客さんに認められた時はやはりなんとも言えないよろこびがあります。

 

03b イタリアでの経験は現在にどのように活かされていますか?

イタリアの田舎で料理をしてきたので、食材を見極める力を身につけられた気がします。それとイタリア語とフランス語はある程度の共通点があるので言葉をおぼえるのが割とスムーズでした。

 

03b 10年後、20年後はどのような道を歩まれたいですか?

自分のお店を持ち経営していたいです。食育に興味があるので、食育のできる環境づくりができたらなと思っています。

 

03b パリで仕事を探している方にアドバイスやメッセージがあればお願いします。

何事も諦めずに追っていると色々な人が手を差し伸べてくれるので、一つ一つの出会いを大切にできたらと思います。

 

Chez Les Anges :

http://www.chezlesanges.com/